FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊海外派兵、「戦闘地域」での弾薬補給も可!

20150318付図001
「安保法制」に関する自公両党は大筋合意に達した。その上で、政府は先ずアメリカとの間で「日米ガイドライン」改定の協議に入る予定です。『朝日新聞』(3月18日)は、下記のように報道しています。
自民、公明両党は現在、集団的自衛権の行使を認めた昨年7月の閣議決定に基づいて、安全保障法制や日米協力のあり方などを議論している。両党は20日にも基本方針を決める。政府は、関連法案作りを進めるのと同時に、日米の新ガイドラインにこの方針を反映させる。
 現在のガイドラインは、自衛隊が米軍を後方から支える地域を、日本周辺であり、かつ戦場から離れた「後方地域」(非戦闘地域)に限定している。新ガイドラインでは、こうした地域の限定を取り払い、自衛隊が世界中で米軍に協力できる枠組みに作り替える。
 活動内容も拡大する。これまでは活動内容を給水・給油やけが人への医療提供などにとどめている。新たなガイドラインでは、戦闘が行われている現場でなければ、自衛隊による米軍への弾薬提供や、発進準備中の米軍の戦闘機など航空機への給油をできるようにする。
 日米の連絡体制も強める。防衛省の地下にある中央指揮所に米軍幹部が常駐する方向で調整中だ。中央指揮所は事実上の自衛隊の最高司令部にあたる。有事から災害時まで連携を強める狙いだ。
 一方、日米両政府は後方支援とは別に、武力行使の分野でも協力を深める考えだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みえ9さん

Author:みえ9さん
三重県内の「九条の会」の活動を紹介します

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

三重県内の九条の会ご紹介
三重県内の九条の会(北から) ○桑名九条の会、○桑員九条の会、○平和と憲法九条を考える会in東員、○憲法九条を守る会inいなべ、○九条の会・よっかいち、○三重地区九条の会、○医療生協・四日市9条の会、○こもの九条の会、○亀山九条の会、○九条の会すずか、○きらら九条の会(鈴鹿年金者組合)、○九条の会・津、○津駅西・九条の会、○津年金者九条の会、○松阪九条の会、○明和九条の会、○多気町9条の会、○いせ九条の会、○いせ文化九条の会、○とば九条の会、○志摩九条の会、○伊賀・9条の会、○伊賀・9条の会(うえの西部)、○あおやま9条の会、○あやま9条の会、○なばり九条の会、○九条の会・きほく、○おわせ九条の会、○熊野九条の会、○みはま九条の会、○9条の会・紀宝、○ヤング九条の会、○ヤング九条の会OB友の会、○みえ九条の会、○みえ生協九条の会、  (各会についてのお問い合わせは、管理人まで)
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。